So-net無料ブログ作成

群馬記事マップ

Gunma_map171d

横線540

温泉 奥利根 古墳 宝川 尾瀬 上信電鉄 水上 温泉 上毛電気 清水トンネル ならまた 奈良俣 浅間山 谷川 岳 みなかみ 藤原 草軽 苗場 谷川 温泉 土合 三国峠 仏岩 湯檜曽 片品 丸沼 法師 温泉 猿ヶ京 吹割 白根山 日光 湯元 渋峠 野反 湖 花敷 赤谷 川場 老神 金精 日光 万座 四万 沢渡 月夜野 沼田 薗原 細尾峠 中禅寺 ..

YAMADA

群馬画像マップ(Google版)

Photo_gunma201

横線540

”"温泉" ”"奥利根" ”"古墳" ”"宝川" ”"尾瀬" ”"上信電鉄" ”"水上 ”"上毛電気" ”"清水トンネル" ”"ならまた" ”"奈良俣" ”"浅間山" ”"谷川 ”"みなかみ" ”"藤原" ”"草軽" ”"苗場" ”"谷川 ”"土合" ”"三国峠" ”"仏岩" ”"湯檜曽" ”"片品" ”"丸沼" ”"法師 ”"猿ヶ京" ”"吹割" ”"白根山" ”"日光 ”"渋峠" ”"野反 ”"花敷" ”"赤谷" ”"川場" ”"老神" ”"金精" ”"日光" ”"万座" ”"四万" ”"沢渡" ”"月夜野" ”"沼田" ”"薗原" ”"細尾峠" ”"中禅寺" ”"草津 ”"太子" ..

YAMADA

西遊街道図絵

Saiyu1_edo

Saiyu1_edo

横線540透明

Saiyu2_todagawa戸田川渡船

横線540透明

Saiyu3_warabi蕨驛

横線540透明

Saiyu4_urawa浦和驛

横線540透明

Saiyu5_omiya大宮驛

横線540透明

Saiyu6_ageo上尾驛

横線540透明

Saiyu7_okegawa桶川驛

横線540透明

Saiyu8_kounosu鴻巣驛

横線540透明

Saiyu9_kumagaya熊谷堤

横線540透明

Saiyu10_fukaya深谷驛

横線540透明

Saiyu11_honjyo本庄驛

横線540透明

Saiyu12_kanna神名川(神流川)

横線540透明

Saiyu13_annaka安中驛

横線540透明

Saiyu14_takasaki高崎驛

横線540透明

Saiyu15_ehara江原村

横線540透明

Saiyu16_yokogawa横川関前屠戸(肉屋)

横線540透明

Saiyu17_yokokawaseki横川関所

横線540透明

Saiyu18_usuitoge碓嶺(碓氷峠)

横線540透明

Saiyu19_asama浅間原(浅間山)

YAMADA

河童の詫証文

Tokorozawa_kappa5

○持明院・河童の詫証文
 所沢市北秋津85、04-2992-1446

河童 の画像を検索 )

Tokorozawa_kappa3

 持明院の南側を流れる柳瀬川には深い淵があり、河童が住みついて人や馬に悪さを重ねたといいます。 ある日つかまって持明院のお坊さんに説教され、改心してお詫びの証文を書き、寺に残しました。(「曼荼羅淵の河童」、または「河童の詫び証文」)

※久米曼陀羅の河童は、川島町伊草の袈裟坊と狭山笹井の竹坊と兄弟分だった。

横線540

Kappa_mandaradoc

○曼陀羅堂・持明院
 弘法大師天長年間行脚の折、夜中渕..

YAMADA

秩父セメント

Chichibu_belt00_2

Chichibu_belt01

秩父太平洋セメント株式会社@秩父市大野原1800
 旧秩父セメント第二工場・1956年建設

セメント について

Chichibu_belt02

Chichibu_belt03

Chichibu_belt04

荒川苑中継室
 約23km離れた群馬県多野郡神流町・叶山鉱山(鉱業所)から、石灰石がベルトコンベア(地下トンネル)で送られてくる。
 

Chichibu_belt05

秩父太平洋セメント・ベルトコンベア

Chichibu_belt08

Chichibu_belt09

YAMADA

秩父太平洋セメントベルトコンベヤー

Chichibucement1

○秩父太平洋セメントベルトコンベヤー
 秩父太平洋セメント秩父工場~群馬県多野郡神流町・叶山鉱山(鉱業所)まで、ベルトコンベア用トンネルがあるらしい。(三基合計で総機長約23km、一部は地上)

石灰 について

Chichibucement2b

※石灰石ルートは、叶山鉱山~巣掛砕鉱場~第二プラント~秩父鉄道。

Kanouyama1

叶山鉱山

Kanouyama2

Chichibu_no2秩父第二工場

Chichibu_miwa三輪鉱山

横線540透明

Chichibu_belt06荒川苑中継室@秩父セメント第二工場

Chichibu_memo1☆三輪鉱業所

Chichibu_memo1c

Chichibucement1c

横線540

☆宇部興産専用道路
 宇部興産 宇部・..

YAMADA

おひながゆ

Ueno_ohinagayu

○おひながゆ(上野村)(お雛粥)
 河原に石の城を作り、おひなさまを飾り・かゆを作って食べ・お菓子などを食べ、一日を河原で過ごす。(男女ともの地域が多い)

※ ある昔、神流川の上流からお姫様が流れてき、乙父部村人が助け上げ・河原で藁を焚き暖め・かゆを食べさせたのが始まりと言われている。

乙父 について

Ohinagayu21

○乙父と乙母(おっち・おとも)
 木曽義仲の四天王の一人今井兼平の遺児を忍んで夫婦が別れ住んだといわれる。

Ohinagayu_62

Ohinagayu25

Ohinagayu29


○乙父・乙母
 木曽義仲の四天..

YAMADA

藤岡伝説

Fujioka99

○弘法大師が杖を地に突き刺したところ水が湧きだしたのが「弘法井戸」。 高山・上の谷戸、根岸に三カ所、庚申山、三本木などにある。

○高山下組の「又平だいら」には酒が湧く泉があった。(樽湧き)

神流川は天正年間前は名もない狭い川であったが、ある年の大洪水で堤防でも防ぎきれず「火の神社・水の神社・木の神社・金の神社・土の神社」を祭った。

○平塚の沼は「大蛇の沼」とよばれた。 

○高山下組は「白塩」とよばれ、塩が湧いたとされる。

○十八町坂の途中の市衛門の洞穴には古狐が住んでい..

YAMADA

グンマの地名

Gunma_map23

○グンマの地名 上級編

○芦生田(あしょうだ)
○安楽土町(あらとちょう)
○尉渡野(しゃうとの)
○磯部(いそべ):石上部の居住地。
○印字(いんじ)
○宇貫(うぬき)
○羽根(はね):赤土などの意。
○羽根尾(はねお):「埴」が源、粘土質土壌の意。
○姥が懐(うばがふところ)
○姥懐(うばどころ):深く狭い谷間の意。
○瓜山(うりやま):ウルイが源。
○瓜生(うりゅう)
○乙鳥・燕鳥(つばくら)
○乙父(おっち)
○乙母(おとも)
○下賛郷(しもさぬ)
○下仁田(し..

YAMADA

グンマ地名伝説

Gunma_map23

○地名伝説、あくまで伝説

○明戸坂(あけとさか)
 小倉季氏がこの坂を通ると日輪が輝いたとか、鹿島・香取の神がこの坂を通ると夜が明け始めた、ともいわれる。 ※アクト・アクツが源らしい。

○稲含山
 神が唐から種籾を口の中に隠して持ち込んだとされる。

○入の湯
 猟師が山中深く犬が傷を癒している湯をみつけたので「犬の湯」が源。

○歌川町
 藤原定家と藤原家隆が、烏川を渡れず歌を詠み合ったとされる。

○姥が懐(うばがふところ)
 平井落城で上杉憲政の嫡男竜芳君が姥もろとも自害した。

○海老瀬(えびせ)..

YAMADA

グンマの昔:十石峠

Jyukkoku14

○十石峠
 かつては、信州大日向へ馬子が荷(下駄など)を運び、帰りは米・酒・わら・草鞋などを持ち帰った。 小諸へ行く馬子衆は帰りに十石の米を上野村白井まで持ち帰ったので、「十石街道」・「十石峠」と呼ばれるようになった。 帰り荷は、白井の市場でトリヒキされた。 
※細い崖道で馬もろとも谷間におちてしまうのが「やきゅう沢」、供養の馬頭観音石碑も多い。

○十石街道(じっこく)
 中山道新町から藤岡・鬼石・万場を経て神流川沿いを遡り、十石峠を越え信州南佐久へ至る街道、十石峠道・山中道とも..

YAMADA

グンマの20世紀:自然災害

000266019

○グンマで怖いもの、それは「火山・雷・火事・空っ風」。

横線540透明


○自然災害一覧
 台風により渡良瀬川決壊(1904.7.14)、 大凶作(1905)、 前橋大雪31.4cm(1908.4.9)、 浅間山噴火すそ野延焼(1909.12.7/5.31)、 豪雨死者行方不明306名以上(1910,8.12)、 浅間山大爆発(1910.12.25)、 豪雨20名死傷(1911.8.4)、 浅間山大噴火(1911.1.18/5.8/12.3)、 大干魃・水不足(1914)、 大地震震..

YAMADA

グンマの昔:軍配山

Gunbaiyama

○軍配山と神流川合戦
 1582年、厩橋城主滝川一益が三千余騎の軍勢を従え玉村町角淵まで来ると、小山(古墳)に登り敵の様子をうかがうと軍配をかざし・神流川へ向けて進軍した。
 こうして神流川金久保河原(現上里町)にて合戦がはじまり、初戦は一益軍が勝ったが、第二回戦で北条軍に破れ厩橋城へと逃げ帰った。  

神流町 について

Isesaki_gunbaiyam

Umayabashi61

厩橋城跡(左岸)・石倉城跡(右岸)

YAMADA

榛名伝説

Haruna91

○榛名湖女人入水
 榛名湖に入水した木部姫については伝説上、その正体は木部宮内輔弾正室・同室竜田の前・同実一室・貞朝室・木部駿河守範虎・長野業政室などいろいろ、その時期は箕輪落城の1563年・神流川合戦の1582年・山名対木部の1585年などいろいろ。 人身御供との見方もある。

横線540透明

○木部井戸(木部の神井・長年寺)は榛名湖に通じている、ともいわれた。

○右京のむだ堀(右京の馬鹿堀・泣き穴)
 宝永六年左京太夫輝貞が、溜堤から取水・榛名北を通り・スルス岩の下にトンネルを堀り..

YAMADA

グンマの昔:多野群

Tanogun23

○多野群
 1896年、多胡・緑野・南甘楽の三群が合併した。 この結果、藤岡町・神流村・新町・小野村・八幡村・美土里村・平井村・三九里村・鬼石町・三波川村・吉井町・多胡村・入野村・日野村・美村・神川村・中里村・上野村、が含まれた。
 その後離脱軍が続出し、現在は「上野村と神流町」が残るのみとなった。


☆どこまで解るグンマのことば @多野群(カッコ内は由来)

 あさっぱか→朝仕事(朝作)、 あぜうにも→何としても(何篠に)、 あちゃ→それなら(あぁそれで)、 いしい→悪い(え..

YAMADA

恐竜の足跡化石

Gunma_kyuryu

○日本で初めて認められた恐竜の「足跡化石」・「漣岩」
 約1億3000万年前の白亜紀に水の流れた跡、当時は水平だったが地殻変動で傾いて垂直に近い崖となった。

Kyouryu25

○奥多野(瀬林)
 一億年前の中生代白亜紀の川底漣跡が、その後の地殻変動で70度ほど傾いた。 そこには二つの穴があったが、1985年になり恐竜の足跡だとわかった。(歩幅3m・体高5m・ 速度6km/h) この近傍では恐竜の遺骸が四例発見されていることから、中生代白亜紀の瀬林は恐竜の住処だったといわれている。
※その他に、小..

YAMADA

グンマの昔:神流川のあわこ

Kannagawa3

○神流川のあわこ
 三波石48個を「三波石四十八石」と銘打ち、いずれの石にも名称・云を付けている。  神流ではカジカが産卵し、カジカの卵を「あわこ」とよび、カジカは焼いて保存してうどん汁のダシに、あわこは煮付けにして食べたそうだ。(下久保ダムが出来てからはカジカが消えたそうだ)  

※写真は2石目「日暮石」、終日見ていても飽きないので日暮石。

Kannagawa3c


《グンマを話そう》

○髪洗川(神流川)
 平将門が藤原秀郷に追われ上州多野の山中に逃げ込んだ。 将門を見失った秀郷が神流川で休..

YAMADA

ぐんまわらべうた:おひながゆ

Ohinagayu21

○おひながゆ(上野村)(お雛粥)
 河原に石の城を作り、おひなさまを飾り・かゆを作って食べ・お菓子などを食べ、一日を河原で過ごす。(男女ともの地域が多い)

※ ある昔、神流川の上流からお姫様が流れてき、乙父部村人が助け上げ・河原で藁を焚き暖め・かゆを食べさせたのが始まりと言われている。

Ohinagayu2

Ohinaayu3

Gunma_ohinagayu

☆どれだけ読める上野村の地名
 塩ノ沢(しおのさわ)、 奥名郷(おくなごう)、 乙父(おっち)、 乙父沢(おっちぎわ)、 乙母(おとも)、 胡桃平(くるみだいら)、 向屋(こうや)..

YAMADA

神流川

Kannagawa38

Kannagawa39

○神流川源流

Ueno35

○中止の滝

Musashi_kannagawa

YAMADA

群馬での暮らし:神流川

Jyoumine3

《グンマを話そう》
○神流川
 日本武尊は、旅の途中で妻の弟橘姫を亡くしたのを哀しみ、姫の髪を形見として懐に入れていた。 そして、秩父から志賀坂峠を越え上野村 野栗についた時に、野栗神社を建て髪をおさめ臣を使えさせることにした。
 ある時、野栗に悪病が流行ると、村人達はご神体(姫の髪)を清めようと川に流した。 この後、この川を「髪流し川」そして「神流川」と呼ぶようになった。

Kannagawa_51

神流川(伊香保志)


○野栗の神(上野村)
 ある昔、武州秩父の山奥から神々軍団が信濃路にむけて進軍..

YAMADA

群馬での暮らし:群馬の地名

山田君の世界

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:嬉楽嬉楽群馬》

○どれだけ読める群馬の地名
 相生(あいおい)、間野谷(あいのや)、天引(あまびき)、安楽土(あらと)、請地(うけち)、碓氷(うすい)、鶉(うずら)、笂井(うつぼい)、采女(うねめ)、祖母島(うばしま)、老神(おいがみ)、邑楽(おうら)、大胡(おおご)、大間々(おおまま)、邑楽(おおら)、行田(おくなだ)、乙父(おっち)、乙母(おとも)、女屋(おなや)、鬼石(おにし)、… 

上小塙(かみこ..

YAMADA

下久保ダム

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:秘境群馬》

城峯公園。


☆かんな町メモ
 神流町の「神流」とは、「鉄穴流し」から来ているらしい。 「神が流れる」訳では無い。

 

Jyoumine2

下久保ダム南側。

 

Jyoumine3

 

Jyoumine4

県道331号線、吉田太田部譲原線。

 

Jyoumine5

YAMADA

矢久峠

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:秘境群馬》

神流町より矢久峠を目指す。

神流町 について

Yakyu12

林道二子山線

Yakyu13

Yakyu14

林道高萩線

Yakyu15

Yakyu16

矢久峠

YAMADA

御荷鉾スーパー林道・完走東編

山田君の世界

《ぐんまぐんぐん キャンペーン》

 迂回して、下仁田側から八倉峠へ上る。 途中に「通り抜けできません」の看板があるが、「神流町へ下りられません」の意。 覚悟があれば、八倉峠東側から「みかぼ林道」東進はできる。

20120712a


○八倉峠東側通行止。 [八倉峠~公園管理事務所]は、砂利道・泥道・凹凹道。

20120712b


○6月中旬のひとときには、ピンポン玉ほどの綿毛が視界を舞う。 ポプラかと思ったが、柳だそうだ。(ポプラはヤナギ科..

YAMADA

御荷鉾スーパー林道・完走西編

山田君の世界

《ぐんまぐんぐん キャンペーン》

 だいぶ道を覚えたので、「みかぼ林道」を正しく走ってみる。

○南牧村・みかぼ林道西端から入る。

20120711b


○大仁田ダムまでは、一応舗装道。

20120711c


○[大仁田ダム~上野村境]は砂利道。   

20120711d


○南牧村では、鹿などに出会うこと多い。

20120711e


○上野村内は優舗装道。

20120711f


○ 神流町内は並舗装道。

20120711g


○塩沢峠。

20120711h


○八倉峠付近は、そのうち..

YAMADA

群馬での暮らし:市町村

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

○群馬県市町村一覧
  市町村名、どこまで読める?

 

みどり市
安中市
伊勢崎市(いせさき)
館林市
桐生市
高崎市
渋川市
沼田市
前橋市
太田市
藤岡市
富岡市
甘楽郡(かんらぐん)・下仁田町(しもにたまち)
甘楽郡(かんらぐん)・甘楽町(かんらまち)
甘楽郡(かんらぐん)・南牧村(なんもくむら)
吾妻郡(あがつまぐん)・高山村(たかやまむら)
吾妻郡(あがつまぐん)・草津町(くさつまち)
吾妻郡(あがつまぐん)・中之条町..

YAMADA

藤岡の鬼面瓦

Fujioka_kimen

○藤岡の鬼面瓦
 奈良時代、国分寺の建立に始まったいわれる藤岡瓦・鬼面瓦、近年では置物・壁飾り等も作られている。

○かわらの里・藤岡
 崇峻天皇元年、飛鳥寺造瓦により瓦製造が始まり、古墳衰退とともに埴輪窯が瓦生産の場となった。  特に、神流川・鮎川・三名川の扇状地の粘土を原料に焼成用の杉・松にめぐまれた藤岡が発展を遂げた。 
※城郭建築・武家屋敷・一般家庭へと普及した。

YAMADA

仏様のお弁当

Gunma_obento

○仏様のお弁当@神流町
 お盆の送り日に墓前に供える。 小麦粉・味噌をこねてゆでた団子、好みできな粉をかけることもある。 神流町では、大麦よりも収穫が少ない小麦は貴重品であった。

横線540

Sabashiozuke61

さばの塩漬(@輪島)

☆刺鯖
 背開きの塩鯖にさらに塩を加え・一週間ほど重石をのせ・その後天日干し・陰干し、したもの。 盆には、生見玉(生盆)として親元への品(盆鯖)だった。

YAMADA