So-net無料ブログ作成

長久寺

Tokorozawa_seki3

○長久寺・シャビキ様
 所沢市久米411、04-2922-3872

 咳の神

Tokorozawa_seki1

Tokorozawa_seki5

Tokorozawa_kume

横線540

☆塞ぎの神・おしゃびき様
 村境に建てられたので「関の神」、転じて「咳の神」となった。
※「しわぶき」→「しやべき・しゃびき」と転訛

○水天宮社(久米水天宮)・血吹石
 所沢市久米2432、04-2922-3878

YAMADA

神話伝説 (7)

Shinwa_071

○オオクニヌシ
 ヨミの国へ逃れたオオクニヌシは、スサノオの娘スセリ姫に出会い夫婦の契りをかわした。 これに怒ったスサノオは、オオクニヌシを蛇や百足ゃ蜂で溢れる室に閉じこめたが、スセリ姫の魔法のヒレで助けられた。 次にスサノオは原野に矢を放ち、オオクニヌシに矢を拾ってくるように命じた。 オオクニヌシが原野に入ったのを見とどけたスサノオは原野に火を放ったが、オオクニヌシは鼠の忠告で洞穴に入り難を逃れ・矢を拾って戻ってきた。 スサノオは今度は自分の頭の虱を捕るように命じたが、オオク..

YAMADA

神話伝説 (2)

Shinwa_021

○ヨミの国
 イザナミノ命は、最後に火の神カグツチを生み死んだ。 その間際、吐瀉物から金属鉱山の女神と男神・糞から肥料の女神と男神・尿から水の女神・食物生成の神などを生んだ。 イザナギノ命は猛り立ち十拳の剣でカグツチの首を切る落とすと、飛び散った血から岩石の神々・雷火の神々・山岳の神々・雨竜の神々・渓谷の神々・などたくさんの神々が現れ、死体からもさまざまな山の神々が生まれた。

Shinwa_022

 イザナミの遺体は出雲国と伯伎国の境に葬られ、イザナギの流す涙から泣沢の女神が生まれた。 イザナギは..

YAMADA

神話伝説 (1)

Shinwa_011

○オノゴロ島
 天地の初め、高天原にアメノミナカヌシノ神・タカミムスビノ神・カミムスビノ神の三神現れるも、独り神のためやがて身を隠した。 その後、ウマシアシカビヒコジノ神・アメノトコタチノ神・クニタチトコノ神・トヨクモノ神などが現れ、やがて男神イザナギノ命と女神イザナミノ命が現れた。

Shinwa_012

 二神は神々の命令で「天の浮橋」に立ち・授けられた玉の矛で海をかきまわすと、矛の先から滴が垂れ落ち・それが固まってオノゴロ島となった。

Shinwa_013

 島に降りた二神は、御柱を立てた。  

イザナギ:汝が..

YAMADA

テレタイプ

Teletype78

横線540透明

Hipac103

 1970年テープ全盛時代。 テープは眼で読めたし、穴開け・穴塞ぎ・修正・切り張り編集もできた。
 1950年代には、使い古しの穴の開いたテープを駄菓子屋・一銭屋で玩具として売っていた。

横線540透明

Densin_tape

○電信テープ

Kougyouhaku9

横線540透明

Old_oki

腕型両面標準子時計・壁掛型標準子時計・吊下型両面標準子時計・時報子時計

横線540

Telettpe155

横線540透明

Eniac

Eniac255c

横線540透明

Todai255c

Neac2201c

YAMADA

地名伝説(赤城山西麓)

20131211c

○北橘(ほっきつ)
 日本武尊命が山頂で、弟橘姫を偲んで「あづまはや」と入ったので、この山を「橘山」。 が、植物の橘が由来との説、急崖が立っているので「立ちバナ」との説もある。 

○岩鼻
 烏川に臨んだ所が岩石になっている。

○板鼻
 碓氷川に平板が臨んだ大地。

○十二様
 十二人の神々・十二人の子供を持つ神・一年を守護する神、など言われるが本当のところは判っていない。 女の山の神様である。
※女房を「山の神」というのは、十二様が源。

○溝呂木
 オオミ堂のミゾロガ池の主大蛇が大きくなり池が小さ..

YAMADA

グンマの昔:わらじ

Gunma_waragi3

○フセギ(塞ぎ
 村境は、疫神が入ってきたり、厄災・悪霊を追い出す所であった。 そのため、村境に大きな草履をつるし「この村にはこんな大きな草履を履く大男がいる」と脅す習俗があった。(八丁じめ・辻切り・フセギ等ともよばれた)

※大わらじには、「旅の具として遠くから来る神をもてなす」との説もある。

横線540透明

Gunma_waraji

※「天照大神の使者アマノウズメノミコトが大国主命の国へ入ろうとしたところ、臣の猿田彦が大きなワラジを片方だけぶら下げて入国を阻止した」のが始まりとされている。 なぜ片方だけだった..

YAMADA