So-net無料ブログ作成

豊島七不思議 [むかしむくれて]

Ojikitsunec

東京都北区

○王子装束狐
 大晦日の夜、全国から集まった狐たちが榎木の元(装束榎)で衣冠束帯に着替え、狐火を灯し王子稲荷へに詣でた。

※晦日の王子稲荷では、狐の年越し宴会が開かれたらしい…
※狐火が多いと翌年は豊作といわれた。
※明治末に榎木を伐ろうとした人に祟りがあったため、供養のため榎町と町名変更したが・1939年その名前も消えた。

○狐の嫁入り
 闇夜に火玉がゆらゆらと見えた… 狐の嫁入り…
※狐の婿入りはないらしい…


○人形流し
 馬場集落では年の暮れに、紀州神社(北区)から紙人形を受け・自分の名前を書いて荒川(現隅田川)に流した。


○太鼓の音
 豊島村馬場と鹿浜を結ぶ渡し(野新田の渡し・馬場の渡し)、どこからともなく太鼓の音が聞こえると悪いことが起こる…


○大道法師
 豊島村と神谷村境の甚兵衛堀にかかる石橋、ここで殺された六部が化けて出た。 いつしか大坊主(でっかん坊)お化けが出るといわれ、「でっかん坊橋」とよばれた。
※「ダイダラボッチの塚」伝説もある


○八百比丘尼
 比丘尼がたどり着いたのは堂山(北区)の里近くの小島、舟の纜を繋いだ松の杭が芽吹いて大木になり・幹が横に伸びたので「倒れ松」。 その元には小舟が埋まっているらしい…


○深んどう
 隅田川が大きく蛇行し・流れが渦巻く場所には誰も近づかなかった。


○罰当たりの杉
 杉の大木、伐の倒そうとすると取りかかった者が死ぬといわれた。

横線540

Kitsunenoyomeiri6狐の嫁入り

Kitsunenoyomeiri5

Kitsunenoyomeiri7

Kitsunenoyomeiri8

Kitsunenoyomeiri9

横線540

Kitsuneyomeiri8大しんぱんきつねよめいり


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント